第1章 定義と分類

要旨

  1. 食物アレルギーとは、「食物によって引き起こされる抗原特異的な免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状が惹起される現象」をいう(図1-1)。
  2. 食物アレルギー発症における感作成立だけでなく、発症惹起が経口、吸入、注射など、いずれの経路で起きてもよいと変更された(図1-1)。
  3. 食物による不利益な反応は、大きく毒性物質による反応と非毒性物質による反応とに分けられる(表1-1)。
  4. 非毒性物質による反応は免疫学的機序が関与する食物アレルギーと免疫学的機序が関与しない食物不耐症がある(表1-1)。
  5. 食物アレルギーに関与する免疫学的機序としてはIgE 依存性反応と非IgE 依存性反応とに分けられる。食物アレルギーの多くはIgE依存性反応である(表1-1)。
表1-1 食物による不利益な反応(adverse reactions to food)の分類
  • 1)毒性物質による反応(toxic reactions)
      誰にでも起こり得る反応である。例;細菌毒素や自然毒など。
  • 2) 非毒性物質による反応(non-toxic reactions)
      すべてのヒトに起こる現象ではなく、ある特定のヒトに起こる現象である。
    • (1)食物アレルギー(food allergy)
        抗原特異的な免疫学的機序が関与するものである。免疫学的機序は、IgE 依存性反応(IgE-mediated reactions )と
        非IgE 依存性反応(non-IgE-mediated reactions )とに分類される。
    • (2)食物不耐症(food intolerance)
        免疫学的機序が関与しない反応である。食品にもともと含まれているか、添加された薬理活性物質によって引き起こされる反応(例;魚の干物に含まれるヒスタミンや食品添加物)や生体側の代謝異常(例;乳糖不耐症)によって引き起こされる反応がある。
図1-1 食物アレルギーの定義

食物アレルギーは、「食物によって引き起される抗原特異的な免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状が惹起される現象」と定義される。食物アレルギーの発症は、感作成立と症状惹起の2段階からなるが、免疫学的機序はいずれの段階にも関与する。原因食物の体内への侵入経路は大きく経口、経皮、吸入や注射などに分けられる。『食物アレルギー診療ガイドライン2005』では経口摂取によってアレルギー症状が惹起される場合のみを食物アレルギーとしたが、本ガイドラインでは、感作成立だけではなく症状惹起がいずれの経路で起きても食物アレルギーであると変更した。

戻る