一般のみなさまへのお知らせ

熊本県熊本地方に発生した地震による被災者の皆様へのお見舞いとご案内

平成28年4月14日より始まった熊本県と大分県など九州地方の大規模地震では、被害にあわれました方々に心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧を祈念いたしております。
今回被害にあわれた地区に対し、まずは、被害にあわれた全ての方への支援が重要でありますが、日本小児アレルギー学会は、学会の立場として、特にアレルギー領域の疾患を持つ患者さんとそのご家族の方々に対して、微力ではございますが、可能な範囲で対応させていただきたいと考えております。

(相談窓口)
当学会では被災時の小児のアレルギー性疾患症状全般(ぜん息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎食物アレルギーなど)についてご相談に応じております。ご相談のある方は、下記のメールアドレス宛にご相談内容を送信ください。

<被災者の皆様のE-mailでの相談窓口>
メールアドレス:  sup_jasp@jspaci.jp
※必ず、氏名、年齢、性別、住所、電話番号を記入してください。
※ご対応の流れについて
メール送信いただきましたご相談内容を相談医に報告させていただきます。
その後、担当相談医からお教えいただきましたメールアドレスまたは電話番号に連絡させて頂きます。

(支援物資の受け入れ)
アレルギー対応食品などの支援物資につきましては、国立病院機構のご協力をいただき、受け入れ窓口を設置いたしました。
必要事項をご記入の上、ファックスでお申し込みください。
 
宛  先:国立病院機構福岡病院内 熊本地震アレルギー支援窓口 宛て
FAX番号:092-566-0702


会社名、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)、HPがある場合はURL、支援物資の内容(具体的な食品名、アレルゲン除去の種類、数量など)をご記載ください。
なお、現場の需要の状況によって、受け入れ内容が変化しますので、せっかくのお申し出でも辞退申し上げる場合がありますことをご了承ください。
また、ぜひ支援したいとのお志でも、少量の場合には管理困難ですので、恐縮ながら一定数以上のご支援のみ受付させていただきます。


(アレルギー疾患 災害対応パンフレット)
当学会で作成いたしました「災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット(一般の方および医療従事者向け)」と「災害派遣医療スタッフ向けのアレルギー児対応マニュアル(医療従事者向け)」もご活用いただけると存じます。
行政関係者、災害支援関係者各位でこれら冊子をご利用、または配布いただける方には、送付させていただきますので、希望部数等を事務局(E-mail:office@jspaci.jp  Tel:03-6806-0203)にご連絡ください。なお、部数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もあることをご了承ください。また、上記パンフレットとマニュアルは学会HPからもダウンロード可能です。ご自由にダウンロードいだけますので、お役立ていただければ幸いでございます。
 

以上

 

平成28年4月15日
(4月21日一部更新)
日本小児アレルギー学会
理事長 藤澤 隆夫
災害対応ワーキンググループ委員長
足立 雄一

このページの先頭へ戻る