一般のみなさまへのお知らせ

熊本地方の地震被災者支援(アレルギー関連)に国立病院機構のご協力をいただきました

 熊本県、大分県を中心とする大規模地震災害の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。本学会は、小児のアレルギー疾患でお困りの被災者の方への支援を中心に活動させていただいておりますが、このたび、この支援活動に関しまして、国立病院機構のご協力をいただくことができました。

国立病院機構は全国143病院のネットワークで国民の皆様のための医療をされておりますが、今回の災害に際しても、災害時派遣医療チーム(DMAT)をはじめとして、多方面での支援活動を展開されています。その中で、今回、本学会からの協力依頼をお認めいただき、アレルギー対応食品などの受け入れと搬送をしていただくこととなりました。

食物アレルギーの患者様にとって、誤ってアレルゲンを摂取することは生命にも関わりますので、アレルゲン除去食品は必須のものです。幸い、全国の多くのNPOや企業の皆様からアレルギー対応食品ご提供のお申し出をいただいておりますが、繁忙を極める被災現場では受け入れ自体が困難な状況があります。そこで、国立病院機構ではそのネットワークを活かして、アレルギー対応食品の受け入れ、仕分け、搬送をしていただくこととなりました。

アレルギー支援物資のご提供をいただける各位は、以下の連絡先に、必要事項をご記入の上、ファックスでお申し込みください。

宛先:国立病院機構福岡病院内 熊本地震アレルギー支援窓口 宛て
FAX番号:092-566-0702

 ※必ず、会社名、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)、HPがある場合はURL、支援物資の内容(具体的な食品名、アレルゲン除去の種類、数量など)をご記載ください。

なお、現場の需要の状況によって、受け入れ内容が変化していきますので、せっかくのお申し出をいただきましても辞退申し上げる場合がございますことをご了承ください。
また、ぜひ支援したいとのお志でも、少量の場合には管理困難ですので、恐縮ながら一定数以上のご支援のみ受付させていただきます。
 

このページの先頭へ戻る