会員のみなさまへのお知らせ

「協力研究」の公募について

 会員 各位

 
日本小児アレルギー学会「協力研究」の公募について
 
   日頃より日本小児アレルギー学会の運営にご協力いただき有難うございます。
エビデンスレベルの高い臨床研究には統計学的に適切な症例数が必要ですが、症例登録にはしばしば困難を伴います。そこで当学会は、競争的研究費を獲得して有意義な研究を行っている会員を支援するため、日本小児アレルギー学会「協力研究」を公募することとなりました。
審査の上、学会として協力することが適切であると判断された課題に対して、学会全体で症例登録を含む必要な協力を行います。
次頁の募集要項をご一読の上、奮って応募いただきますようお願いいたします。
 
 
日本小児アレルギー学会
研究推進委員長 下条 直樹
    理事長 藤澤 隆夫

 

 

 日本小児アレルギー学会「協力研究」募集要項
 
1. 応募資格
(1) 研究代表者は本学会員であること。但し、分担研究者は本学会員でなくてもよい。
(2) 応募課題について競争的研究費を獲得していること。
2. 研究テーマの条件
(1) 学会としてふさわしいテーマであること。例えば、ガイドライン作成/改訂に資する課題、学会として取り組むことが求められる課題など。
(2) 新規性や独創性があり、かつ実行可能な研究であること。
(3) 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成27年)をはじめとする倫理指針を遵守すること。
(4) 研究代表者だけではなく分担研究者も倫理委員会の承認を得ること。
(5) 利益相反の申告を学会および全実施施設の当該委員会へ提出すること。
(6) 研究内容によっては、臨床試験登録(UMIN-CTRなど)および医師賠償責任保険の契約が必要である。
3. 研究協力
(1)
症例登録推進について具体的な協力を行う。
(2) その他、研究実施に必要な事項について、研究推進委員会と協議する。
4. 公募と審査
(1) 随時、公募する。
(2) 審査委員会で審査し、理事会の承認を得る。
(3) 協力依頼申請書送付先:
 
〒110-0005 東京都台東区上野1-13-3 MYビル4階
日本小児アレルギー学会事務局 宛
TEL:03-6806-0203 FAX:03-6806-0204
(4)
申請書提出締切日随時受け付ける
5. 協力依頼申請書の記載内容
(1) 別添1に定める協力依頼申請書類に記載する。
(2) 日本小児アレルギー学会として取り組む意義、協力を依頼したい事項、協力が必要な理由などを記載する。
6. 報告の義務、その他
(1)
予定された研究終了後1か月以内に学会へ実績報告書(別添2)を提出する。
(2) 論文には日本小児アレルギー学会の協力を得たことを記載する。
   募集要項(PDFファイル)
         別添1 協力依頼申請書(Wordファイル)
   別添2 研究実績報告書(Wordファイル)

(2015.5.8)
(2017.6.30)

 

このページの先頭へ戻る