会員のみなさまへのお知らせ

2015年に行われた喘息発作入院全国調査の結果がAllergology Internationalに掲載されました

2015年9月、喘息発作入院が全国的に急増したことはまだ記憶に新しいと存じます。同時期にエンテロウイルスD68(EV-D68)感染症も大流行したことより、異常な増加の原因にはEV-D68の関与が疑われました。しかし、同時に多発した急性弛緩性麻痺については厚生労働省通達により積極的疫学調査が行われましたが、喘息に関してはベースラインの発作入院データが存在しなかったことから多発とは結論づけられず、積極的調査の対象にはなりませんでした。そこで、本学会としまして、喘息発作“アウトブレイク”の事実を「時を逸せず」明らかにすることは非常に重要と考え、喘息入院の全国調査(後方視的に5年10ヶ月間)を実施しました。全国157施設のご協力をいただいて喘息発作入院 87,189例が登録され、確かにEV-D68流行が喘息発作急増と関連していたことを明らかにすることができました。この結果は、Allergology Internationalに掲載されましたが、多くの学会員の先生方の力で、ひとつのエビデンスを提示することができたことは素晴らしいことと考えます。先生方のご協力に心よりお礼申し上げます。(筆頭著者:是松聖悟先生)

Korematsu S, Nagashima K, Sato Y, Nagao M, Hasegawa S, Nakamura H, Sugiura S, Miura K, Okada K, Fujisawa T, On behalf of Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology. "Spike" in acute asthma exacerbations during enterovirus D68 epidemic in Japan: A nation-wide survey. Allergol Int 2017 (in press)

論文のPDFはこちらからダウンロードしていただけます。

 

理事長 藤澤隆夫
(2017.5.8)

このページの先頭へ戻る