会員のみなさまへのお知らせ

エピペンの供給状況に関するお知らせ

会員 各位

 今般、エピペン®を日本で製造・販売を行うマイランEPD合同会社より、供給状況の更新につきまして連絡がございましたので、お知らせいたします。

----------------------------------------------------------------------------------------

日本小児アレルギー学会 御中

去る2月27日、貴学会に対し「アナフィラキシー補助治療剤エピペン® についての一時的な供給不足のご案内」をお伝えさせて頂きました。
これに伴い、弊社ではエピペン®を扱う特約店(卸)に対して「出荷制限」を行なわせて頂いておりましたが、このたび、「エピペン® 0.15mg」についてのみ、特約店に対する出荷制限を解除させて頂きました。この結果、医療機関ならび薬局におかれては、希望する数のエピペン® 0.15mgを特約店から全て入荷することが可能となります。
一方、「エピペン® 0.3mg」につきましては、在庫量をさらに積み上げる必要がありますため、今しばらく出荷制限を続けさせていただく必要がございます。
引き続き患者様ならび医療関係者様にご迷惑をお掛け致しますこと、心よりお詫び申し上げます。
以上につきまして、お知らせ文書(添付)と共にご報告申し上げます。


■詳しくは『アナフィラキシー補助治療剤 「エピペン ® 注射液 0.15mg/0.3mg」 供給不安に関する経過報告 』をご参照ください。(PDF
                                                                                          マイランEPD合同会社

----------------------------------------------------------------------------------------

2018年2月27日掲載記事
アナフィラキシー補助治療剤 エピペン®の一時的供給不足に関する連絡
 

(投稿日時:2018.6.1)

このページの先頭へ戻る