会員のみなさまへのお知らせ

小児アレルギースキルアップセミナー 鹿児島特別編のご案内

食物アレルギーの診療に食物経口負荷試験は欠かせませんが、実施できる施設の数は十分ではありません。
日本小児アレルギー学会では、アレルギー診療の均てん化を目指して東京・大阪で「小児アレルギースキルアップセミナー」を開催してきました。今回、中央でのセミナーに参加しづらい地域の皆様を対象に、セミナーの中でも特に人気の「食物アレルギー」の出張講座を企画しました。是非この機会にガイドラインに基づいた食物経口負荷試験やその後の栄養指導についての知識や手技を身につけましょう。
また、このセミナーをきっかけとして鹿児島県ならびに近隣県のアレルギー診療ネットワークが構築されることを期待しています。そのため、懇親会にも是非ご参加ください。

会 期:2019年9月21日(土)
会 場:サンプラザ天文館 〒892-0842 鹿児島市東千石町2-30
定 員:24名(事前申込制)
参加費:10,000円(弁当、飲み物代含む)

<プログラム>
14:00~ ミニレクチャー:食物アレルギー、アトピー性皮膚炎
        ハンズオンセミナー:皮膚テスト、スキンケア、食物経口負荷試験など
18:00~ イブニングセミナー:症例検討など
20:00  解散予定

対 象:鹿児島県ならびに近隣県で食物アレルギーの診療、特に食物経口負荷試験に興味のある小児科医
       (学会員・非学会員は問いません)
*当日は食物負荷試験の経験によりクラス分けを行います。
 未経験の方、主に軽症患者を診ている方、ハイリスク症例を担当している方など、幅広く募集しています。

応募方法:下記から応募用紙をダウンロードし、FAXかE-mailでお送りください。
応募用紙:応募用紙
応募受付:2019年7月31日まで
応募先:E-mail:jspaci@coac.co.jp
      FAX:03-3815-2028

参加は抽選となります。8月末までに結果をご連絡します。

コーディネーター:足立雄一(PASCO実行委員長、富山大学小児科)、佐藤さくら(国立病院機構相模原病院臨床研究センター)、手塚純一郎(福岡市立こども病院アレルギー・呼吸器科)、西本創(さいたま市民医療センター小児科)、藤澤隆夫(日本小児アレルギー学会理事長、国立病院機構三重病院)
チューター:今給黎亮(鹿児島大学小児科)、立元千帆(あおぞら小児科)、吉川英樹(霧島市医師会医療センター小児科)

(50音順)

主 催:日本小児アレルギー学会
後 援:鹿児島大学小児科、宮崎大学小児科、鹿児島県医師会小児科医会、宮崎県医師会小児科医会
*本コースは「2016年度GSK医学教育事業助成」による事業です。

このページの先頭へ戻る