会員のみなさまへのお知らせ

平成25年度学会主導研究課題の公募について

日本小児アレルギー学会員 各位


平素、日本小児アレルギー学会の運営にご協力頂き有難うございます。
学会の任務の1つに、アレルギー疾患の病態解明、診断・治療法の開発のための研究推進と標準的診療の普及があります。このため、学会開催、学会誌発刊、研究推進事業、ガイドライン作成などを行っております。これらから得られた新しい情報と科学技術は診療や社会活動を通して患者さんの疾患の予防と回復だけではなくQOL向上に役立っています。
この度、学会の事業にとって有用なエビデンスを得ることと学会員の研究を推進することを目的に、学会から研究資金補助を伴う学会主導研究を公募することになりました。この事業も上記学会の主要な任務の一助となると期待されます。
しかし、予算に限りもあり、今回は、下記のように募集要項を作成しました。
皆様からの応募をお待ちしています。

 

 
 

<募集要項>
1. 応募資格
(1) 研究代表者は本学会員であること。但し、分担研究者は本学会員でなくてもよい。
(2) 研究代表者や分担研究者に年齢制限はなし。

2. 研究テーマの条件
(1) 学会主導にふさわしいテーマであること。例えば、ガイドライン作成・改訂のために必要な検討課題。学会として取り組むことが求められる課題。
(2) 新規性や独創性があり、かつ実行可能な研究であること。
(3) 今回申請した研究をさらに発展させるために、公的研究補助金の獲得を目指して文科省や厚労省などの科研費に申請する意図があるならば、その研究計画と今回の研究との関連性を明記すること。
(4) 倫理的に問題がない研究であること。研究代表者だけではなく分担研究者も所属施設の倫理委員会の承認を得ること。
(5) 利益相反の申告を学会および全実施施設の当該委員会へ提出すること。
(6) 文科省や厚生労働省など他からの資金の補助がない研究であること。
(7) 研究内容によっては、UMIN登録および医師賠償責任保険の契約が必要である(審査委員会から依頼することがある)。

3. 研究補助金
(1) 1件100万円を上限とする。なお、件数に制限はないが、1年間の補助金の総額は100万円を上限とする。
(2) 複数年(最大3年)にわたる研究でも可能であるが、補助金の総額は100万円を上限とする。
(3) 備品費や人件費も認めるが全体に占める比率は妥当な範囲とする。
(4) 謝金など人件費に充てる場合は、源泉徴収など税務上の適正な手続きをすること。

4. 公募と審査
(1) 1年に1回公募する。
(2) 別添1に定める審査委員会で審議し、理事会の承認を得る。
(3) 学会主導研究に適したテーマの申請がない場合は、採択なしのこともある。
(4) 研究計画書送付先
  〒110-0005 東京都台東区上野1-13-3 MYビル4階
  日本小児アレルギー学会事務局 宛
  TEL:03-6806-0203 FAX:03-6806-0204
  E-mail:office@jspaci.jp

(5) 研究計画書提出締切日:平成25年9月27日(金)(必着)

5. 研究計画書の記載内容
(1) 別添2に定める申請書類に記載する。

6. 報告の義務
(1) 予定された研究終了後1か月以内に学会へ研究費補助金実績報告書(別添3)と経費所要額精算調書(領収書添付)(別添3)を提出する。この報告書の提出がない場合は、研究補助金の返却を求められる。
複数年にわたる研究の場合は、年度末ごとに研究費補助金実績報告書と経費所要額精算調書(領収書添付)を提出する。        

平成25年度学会主導研究課題の公募について

     (別添1)審査委員会の構成
(別添2)日本小児アレルギー学会研究費補助金研究計画書
(別添3)日本小児アレルギー学会研究費補助金実績報告書 および経費所要額精算調書

 

                                                                                      以上

平成25年8月27日
日本小児アレルギー学会

 

このページの先頭へ戻る